よくあるコンプレックスの解決法

  • 投稿日:
  • by

自分が今抱えているコンプレックスはどのようなコンプレックスですか?誰にも言えずに一人で抱え込んでいる人も多いでしょう。でも、コンプレックスは案外誰でも一つは持っています。どれだけキレイでパーフェクトに見える女性でも、です。コンプレックスと聞くと、欠点だと思いがちなのですが、見方次第ではそれを変えることもできます。

よくある女性のコンプレックスとしては、やはり体型です。女性らしい理想の体型というのは、人によって違うとは思いますが、基本は全体的に細くてスリムなのに、胸やお尻など出ているべきところは出ているという体型だと思います。でも、なかなかそういう体型になるのって難しいです。そういった体型に近づけようとダイエットをしてみても、体重は落ちるものの、胸やお尻など落ちて欲しくないところから落ちてしまって、肝心なウエストのお肉は残ったままとなります。思ったとおりにはいかないのが人間の身体。体型に関しては、ファッションなどでいくらでも変えられます。ウエストが細く見えるようにフレアスカートにトップスを入れれば、自然と目線がウエストに行き、ウエストの細さを強調する、なんていうのもコンプレックスを克服する技です。

また、低い声を何とかしたいというコンプレックスも多いです。女性らしい声=可愛くて高い声というイメージかもしれませんが、低い声だからといって気にする必要はありません。低い声だからこそ、セクシーな雰囲気や大人っぽい感じが伝わるのではないでしょうか。低い声の女優さんもいますし、アーティストもいます。低い声だからこそ、その人の魅力があります。恥ずかしがっていると周りもその人のコンプレックスがそこにあるんだと気付きますし、気を使うようになって気まずい思いをします。自分らしさだと思って受け止めてください。

他にも『臭い』が気になる。という方も多いようです。多くの場合は、本人の気にしすぎ。ということらしいのです。 臭いが気になるからといって香水をジャンジャンふったりするのは逆効果ではないでしょうか?あまり気にしすぎるのはよくないですが、口臭体臭があると思う方は普段の生活を見なおしたり、内面から変えていくことも重要です。臭いを抑え、ふんわりよい香りを纏うサプリメントなどをとるのも効果的ですね。(飲むタイミングについてはこちら

そして最後に、身長のコンプレックスです。身長の場合は、低いと高いで両方がコンプレックスとしてよく挙げられます。低いと洋服も着こなせなくて、スタイルも幼児っぽい...なんていわれてしまいがちです。だからといって背が高くなるのも辛いもの。隣を歩く彼氏よりも背が高いとなれば、怖くてヒールなどはなかなか履けなくなります。身長ばかりはどうすることもできないので、自分のもらった身長でこれからも生きていかなくてはいけません。

これらのコンプレックス、まずできることは、そういった自分を受け入れること。それで抱えていたコンプレックスも自然と一緒に受け入れることができるでしょう。

女性が気になっているコンプレックスというと、ぽっちゃり体型や小さな胸、一重の瞳などなど...挙げ出したらキリがありません。自分にしかわからないような小さなコンプレックスも含めると、かなりの数のコンプレックスがあるのではないでしょうか。異性の目を気にするとなると、それらのコンプレックスを何とかしたい!と思うでしょう。

でも、意外と女性が気にしているほどに男性側は、抱えているコンプレックスには気付かないというのが本当のところ。そんなに気にしなくてもいいのになぁ...と思われているどころか、今のままのほうが魅力があるのに...なんて思われていることもあります。異性の目を気にしてコンプレックスをどうにかするために頑張ってきたのに、そのままでよかった、なんて思われているなんて努力した身としては悲しすぎます。

特に男性があまり気にしていない女性のコンプレックスは、体型です。明らかに健康的ではないボリュームがあると問題ですが、ぽっちゃり体型の範囲であれば、そういった体型を理想とする男性も多いぐらいです。男性にはないぽっちゃり感が心地よいという意見がたくさんあります。頑張ってダイエットして手に入れたスリム体型も、意外と男性からしてみれば喜ばしいことではないのです。また、ムチムチ感のある二の腕や太ももも気になるところかもしれませんが、こちらも女性らしさが出ていてムチムチした感じが好き、という男性も多いです。

更に胸のサイズに関しての悩みですが、男性は胸が大きい人が好きなんてイメージがあり、胸が小さいというのは恥ずかしいコンプレックスのように思ってしまいがちなのですが、実際のところは男性が全員胸が大きい人が好き、というわけでもありません。またどちらかといえば胸の大きい人が好きだといっても、実際に自分の彼女に求めるかどうかというと、そうでもないという意見が多いです。胸の大きさで女性を決めるわけではないですから、特に気にしていないでしょう。胸のサイズは人それぞれに好みがありますし、胸の大きさで女性を決めるなんて男性は、素晴らしい男性とはいえません。

自分のコンプレックスを受け止めてくれる男性に出会えれば、今まで悩んできたウィークポイントも全て自分のチャームポイントに変わります。コンプレックスが個性になるのです。自分の全てを受け止めてくれる、そんな男性に出会えることを願って、あまり深く思い込みすぎずに自分らしさの表れであるとプラス思考で考えてください。

抜け毛で悩んでいる方はコチラ http://xn--y8jd2fk28amg5c7fnd2856bdqpm4sxjh328a.com/

コンプレックスと上手に付き合おう

  • 投稿日:
  • by

パーフェクトな人間というのは、世の中にはほとんどいません。みんなが何かしらコンプレックスを抱えて生きているものです。でも、スタイルも良くて顔も可愛い、おしゃれもバッチリな女性を街中で見かけると、私もあんなにキレイであったら...と引け目を感じてしまうときもあるでしょう。そのときに、どうせ自分なんか...と思ってしまうか、それとも何とか自分も理想の女性像に近づこうと一念発起するか、その決断で女性は変わります。

誰もが抱えているコンプレックス、それをどう克服していくか、考えてみてください。些細なことでもいいので、始めてみましょう。そうした小さな努力がコンプレックス克服への道です。小さな努力が身を結べば、次第にコンプレックスも克服できて自分にも自信が持てるでしょう。

とはいっても、頑張りすぎるのもいけません。コンプレックスを克服することばかりに必死になりすぎると、そのうち自分にとっての理想の自分を見失ってしまいます。ダイエットをしすぎて心配されるほどに痩せてしまっては、それを魅力的とは周りが思わなくなってしまいます。自分では必死になりすぎて、やりすぎているということがわからなくなっていくでしょう。コンプレックスは自分の問題ではありますが、人と比較して自分を追い詰めることではありません。

ときにはコンプレックスを受け入れて、自分らしい個性だと受け入れることも必要だと思います。自分らしい個性だと認めて、今まで恥ずかしがってきたことを堂々とした気持ちで受け止めてみると、今までのコンプレックスも自分の中で誇れる自慢になります。周りから見てもそれが長所であり魅力だと思ってもらえるでしょう。

全てがパーフェクトな女性というのは同性から見ても憧れますし、男性からも人気があって羨ましいと思うのもわかります。そういった羨ましさをバネにして、まずは自分の個性も認めた上で、自分もそうなりたいと頑張ってみてはどうでしょうか。その個性をどうしたら長所としてアピールすることができるのか...と考えてみるのです。魅力的に見える人は、自分の中で抱えているコンプレックスを、自分の魅力に変えられる力を持っています。だからこそ、輝いていて美しく見えるのです。

コンプレックスは改善していくのではなく、克服するもの。決して悪いものではありませんので、自分らしく乗越えていきましょう。コンプレックスときちんと向き合い、上手に付き合っていけるといいのではないでしょうか。